法人・店舗向けコミックレンタルサービス スマートコミック 
お問い合わせ電話番号お問い合わせ
スタッフブログ
TOP > スタッフブログ > 2021/11/15

『ツツジモリ─遺品整理始末録─』は遺族の心も癒す

主人公は友人に裏切られ、会社で居場所をなくし、家賃まで支払えなくなっていた青年・森村風介。彼は気が弱くお人好しで、何でも思いつめて考えてしまう性質でした。そのため勢いで自殺を試みます。

そこへたまたま訪れた躑躅森花壱(つつじもり はないち)が風介を救い、自宅に連れ帰ることになります。生活に困っていた風介は突然仕事を与えられますが、それは死者の部屋を片付けて「遺品整理」をすることでした。しかし本当の仕事内容は片付けだけではなく──?

遺品を「片付ける」生と死のドラマ

冒頭から物語に引き込まれる『ツツジモリ─遺品整理始末録─』は、もちろんただの「遺品整理屋」の物語ではありません。死者が出た部屋からは「遺魂」(いこん)と呼ばれる穢れのようなものが残り、死んでからも生者に影響を与えることがあるのです。躑躅森一族は、そんな「遺魂」を葬ることをメインの仕事にしているのでした。

視えてしまう体質

風介は躑躅森一族とは何の関係もないただの人間でしたが、無意識に「遺魂」に同調して、この世とあの世の間にある「躑躅ヶ間」(つつじがま)に迷い込んでしまいます。しかも躑躅森の一族でも特殊な道具を使わなければ祓えない「遺魂」を、何も持たずに消滅させてしまう能力があることも判明。

半ば「遺魂」に意識を乗っ取られた状態になってしまう風介を、花壱はやがて危険視するようになります。それは、風介と同じ体質だった妻が過去に亡くなっていたからなのでした。もしかすると風介にも取り返しのつかない出来事が訪れるかもしれない……。世話を焼きながらもその心配は拭えないまま、ストーリーが進んでいきます。

死んでから遺族が気付かされる真実

1話完結で続く物語の中で、一番救いがあって個人的に涙を誘われたのは、2巻収録の第7話「遺された宝物」でしょう。余命宣告を受けた依頼人が亡くなり、遺品整理に向かう花壱の息子・奏雅と風介がコミカルに描かれています。

物語は亡くなった男性の妻と、それを認めない男性の両親という冷たい空気の中で進行します。しかしそれも死者の遊び心のある宝探しによって、家族の絆が深まるという心温まるお話です。

他のエピソードでもそうですが、遺品整理屋に依頼をする遺族は得てして死者と仲違いしていたりするもの。自分でしたくないことを業者にやらせるのですから、気分も良くないでしょう。躑躅森の仕事は、そんな遺族に見えなかった真実を気付かせ、円満に収まるようにするという側面も持っています。

風介のトラウマや過去など、触れると痛いような章もありますが、最後には心がスッキリするエンディングが待っています。ようやく自分の人生を自分で決めることができるようになる風介の成長とともに、遺族たちの遺恨や喪失感、そして噛みしめる幸せを一緒に感じてみてください。今生きているという幸せに気付けるのではないでしょうか。

『ツツジモリ─遺品整理始末録─』も店舗向け漫画リース「スマートコミック」でレンタル可能!

店舗向けコミックレンタルサービス「スマートコミック」は、漫画コーナーを作りたいお店様へコミックの貸出・リースを行っています。

すべて料金内で付いてくる! 「スマートコミック」のうれしいポイント

①コミック定期入れ替え
定期的にコミックを一部入れ替えることができるので、飽きのこない漫画コーナーになります。

②連載中の新刊自動納品
レンタル中の漫画の続巻が出た場合、自動で納品します。鮮度の高い漫画コーナーが実現!

③盗難・破損による補償制度
盗難による欠本や破損があっても、補充・交換できる補償制度を設けています。

④本棚を彩る集客ツール
POPと陳列スタンドをお付けします。手軽に見栄えいい本棚を作ることができます。 漫画棚もご希望のお客様には無料でレンタルします。

⑤コミックすべてにカバー加工
ブックカバー加工を施してあるので、清潔に保てます。

⑥法的リスクゼロ
お店に漫画コーナーを設置するには著作権が絡んできます。お届けするコミックはすべて使用許諾を得たものだけです。

「スマートコミック」なら初月無料、月額レンタルなので安く簡単に始めることができます。弊社はどこよりもお得な料金プランもご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

お得な情報配信中!
最新情報やおすすめの記事をお届け!
ニュースレターにぜひご登録ください
必須
必須
必須
必須
※ご入力いただいた情報は弊社プライバシーポリシーに同意いただいたものとします




スマートコミック
スタッフブログ
コミックレンタル
おすすめ4つのサービス
電子マンガ・雑誌
電子書籍付きタブレット
読み放題で友だちを増やそう
雑誌自動配送サービス
ハルトピ