法人・店舗向けコミックレンタルサービス スマートコミック 
お問い合わせ電話番号お問い合わせ
スタッフブログ
TOP > スタッフブログ > 2020/08/03

大切な人のために戦う! そのために強くなる!
ブーム冷めやらぬ『鬼滅の刃』

2020年5月レンタルランキング2位

単行本の発行部数が累計8000万部(21巻時点)を超え、週刊少年ジャンプでの連載終了後には「鬼滅ロス」なるものが発生している大ヒット作『鬼滅の刃』。一見古いような、独特のタッチの絵が物語の世界観にマッチしていて、関連するキャラクターグッズがたくさん発売されたりもしています。平成後期の『進撃の巨人』に続いて、令和最初の社会現象となった少年漫画だと言えるでしょう。


主人公は竈門 炭治郎(かまど たんじろう)。 優しい少年で、家族を鬼に殺されるまでは、慎ましくも幸せな人生を送っていました。ある日、両親が鬼に殺されて、妹の禰豆子(ねずこ)が鬼にされてしまうという絶望の淵に立たされます。しかし幼くも心の強かった炭治郎少年は、妹をかばいながら鬼を根絶やしにするため「鬼殺隊」に入隊して、心も身体も強くなっていく──という流れで物語は始まります。

大正時代を舞台に、「鬼殺隊」という鬼狩りを生業としている私設集団に所属する日本刀の使い手たちが、チートな異能などを使うことなく、並外れた身体能力と「呼吸」と呼ばれる秘技の型で戦うシーンは本作一番のみどころ。「呼吸」というのはいわゆる武道の「型」のようなもので、各々に違いがあり、その技の繰り出し方や描き方にも惹き付けられます。炭治郎は「日の呼吸」の使い手ですが、「ヒノカミ神楽」という謎めいた呼吸を模索中。会得すればもっと強くなるこの秘技に目覚めるのに、一朝一夕にはいかないのも人間らしくて良いです。

鬼殺隊の中でも最強クラスの使い手として、「柱」というエリート部隊員が登場しますが、どのキャラクターも個性的でいい! 私はド派手でチャラっぽい宇髄 天元(うずい てんげん)様が大好きなのですが、甘露寺ちゃんも可愛いし、義勇さんもカッコいい! 時透くんの過去にも興味津々です。弟との確執という過去のある不死川(しなずがわ)さんもツンデレっぽいですし、胡蝶 しのぶさんもキレイな女性には毒がある……を地で行く人です。

ちなみに『鬼滅の刃』での「鬼」というのは、いわゆる節分のお面に描かれるような鬼とは違って、人間を食べて力にし、四肢を切断されても再生できるほど圧倒的なパワーと生命力を持つバケモノのこと。見た目は一見人間と変わらない風貌をしているものが多いですが、おどろおどろしい異形になることも。弱点は首の切断か、太陽の光。よって、基本的に鬼が現れるのは夜です。

鬼にはさまざまな種類や特色を持ったモノがいて、ここもみどころでしょう。特に強力な上位の鬼には「上弦」「下弦」と呼ばれる個体がいて、鬼殺隊のエリートである「柱」たちとの大迫力バトルシーンは必見! 新米隊員だった炭治郎もそんな死闘に参加するうちめきめき力をつけ、物語はクライマックスに突入していくのです。

後半は内容の良さと、一人また一人と死んでいく柱の無念と、物語の終わりを予感して、毎週ボタボタ泣きながら読んでいました(笑)。こんなに感情移入できる作品も久々です!

本作はもともと連載当初から人気があって、単行本の売上も順調でしたが、アニメ化されてから爆発的に売れた印象ですね。漫画を読まない人も、アニメで見て一気に熱烈なファンが増えたという感じでしょうか。うちの近所のTSUTAYAさんでも、「『鬼滅の刃』は1Fの受付でご購入できます」と、わざわざ売り場を分けているくらいの売れ行きっぷりのようです。最新巻を手に入れるのも大変なようで、特典付き同梱版などはさらなる倍率だった模様。発売日には「単行本を買いに行ったけど手に入らなかった」という嘆きをよくSNSで見かけました。

本編の連載は終了しましたが、劇場版アニメが控えていますし、小説版も大人気です。グッズの展開も好調なようで、大手コンビニとのコラボ商品が登場するなど「まだまだキメツは終わってないぞ!」って感じですね!

漫画もアニメもそれぞれに味があって、どちらが先でもOKなので、両方見てみることを強くオススメします。もちろん秋に上映される劇場版も楽しみにしていましょう!



スマートコミック
スタッフブログ
コミックレンタル
おすすめ4つのサービス
電子マンガ・雑誌
電子書籍付きタブレット
読み放題で友だちを増やそう
雑誌自動配送サービス