法人・店舗向けコミックレンタルサービス スマートコミック 
お問い合わせ電話番号お問い合わせ
スタッフブログ
TOP > スタッフブログ > 2021/07/05

【コロナ禍】オリンピックでホテルが予約を増やすために漫画が役立つ!?

2021年7月に行われる東京オリンピック。
元々は2020年に行われる予定でしたが、ご存じの通りコロナの影響で1年延期になりました。

このオリンピックについては状況が二転三転し、ホテルオーナーや支配人様はこの先どうなるのか、現状どういった手立てを打てばいいのか、非常にお悩みのことかと思います。

今回は実際にホテル様から聞いたお話を元に、コロナ禍でのオリンピックの乗り越え方、お客様に宿泊していただくための方法をお話しします。

コロナ禍のオリンピック、ホテルの現在の予約状況は?

オリンピックはあらゆる議論を経て、観客を入れての開催が決まり、「収容定員50%以内で1万人」という定義で進められることになりました(2021年6月21日時点)。

ホテルとしては、コロナ以前に当初見込まれていた集客は望めないまでも、オリンピック開催で一般客の戻りを期待する部分もあるかと思います。

しかし、東京のホテルに限って言えば、地域差はあるにせよ、予約数は伸びてきていないのが現実のようです。原因としては、地方から来る人たちにとって、東京はまだ「感染者が多く怖い」という印象が強いとのこと。

ただ、オリンピック効果があるとすると、企業などでオリンピック運営のボランティアに参加する方々の団体での予約は増えているといいます。コロナ前のような爆発的な集客は見込めなくとも、オリンピック開催による何からの動きはあるはずです。

ホテルとしてはこのタイミングで、感染対策をとりながら、最大限のお客様の取り込み、予約数の増加を狙っていきたいはずです。

オリンピックに備えホテルが予約数を上げるために

2020年の東京オリンピックをめがけて多くのホテルが建設されました。そのため、現状では需要に対してホテル数が圧倒的に多く、その中でどうしたら自分のホテルを利用してもらえるのか、選んでもらえるのか、つまり他店との差別化が重要になります。

では、他店との差別化はどのように行えばいいでしょう。
それは、付加価値を積み上げていくことです。ホテルでの付加価値の例を挙げます。

  • TVを大型にする
  • TVでYouTubeやNetflixなどが見られるような環境にする
  • 部屋に露天風呂を設置
  • 地域の人気料理が食べられるコースを提供する
  • アメニティを豊富に用意する
  • ウェルカムドリンクやちょっとしたおつまみを用意する

これらのような付加価値サービスを積み上げていくことが他店との差別化につながります。ただし、他店がやっているようなことを行っているだけでは、大きく差は広げることができません。ここからは、オリンピックに向け、宿泊客を増やすアイデアとして、今ホテルにおすすめのサービスをご紹介します。

オリンピック開催時のホテル予約数向上には漫画コーナーを

ホテルに漫画コーナーというと意外に思われるかもしれませんが、ここ最近急速にその人気が高まっています。と言うのも、漫画は安価で導入することができ、簡単に他店との差別化を図ることができる付加価値になるからです。

オリンピックによる宿泊需要は少なからずあるはずです。その際に選んでもらうきっかけ作りとして、コミックを導入してみてはいかがでしょうか? ホテルにコミックを導入する際は店舗・法人向けコミックレンタルサービス「スマートコミック」がオススメです!

漫画レンタルサービス「スマートコミック」のうれしいポイント

  • 商品交換・抜け巻補充・新刊自動納品すべて無料!
  • 初期費用0円の月額制
  • コミック棚も無料レンタル!

オリンピックへ向けてホテルに新規サービスの導入をしてみませんか? 店舗・法人向けコミックレンタルサービス「スマートコミック」は、簡単にご導入いただけます。少しでもご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お得な情報配信中!
最新情報やおすすめの記事をお届け!
ニュースレターにぜひご登録ください
必須
必須
必須
必須
※ご入力いただいた情報は弊社プライバシーポリシーに同意いただいたものとします
あわせてよみたい




スマートコミック
スタッフブログ
コミックレンタル
おすすめ4つのサービス
電子マンガ・雑誌
電子書籍付きタブレット
読み放題で友だちを増やそう
雑誌自動配送サービス
ハルトピ