法人・店舗向けコミックレンタルサービス スマートコミック 
お問い合わせ電話番号お問い合わせ
スタッフブログ
TOP > スタッフブログ > 2022/06/06

「無敵の人」が生まれる理由――親ガチャ・子ガチャに失敗した親子の最後の希望

皆さんは「親ガチャ」という言葉をご存じでしょうか? 子どもが生まれ持った容姿や能力は、親によって左右される。どんな親の元に生まれるかは運次第……という、スマホ向けのソーシャルゲームになぞらえたネットスラングです。2021年には、なんと流行語大賞トップ10に選出されました。

その対義語として、親もまた生まれてくる子どもを選べないという「子ガチャ」なる言葉まであります。もちろん本人の資質もあることは前提として、生育環境や親子の相性などなにかしらの歯車が噛み合わなかった最悪の結末が、世間を震撼させる「無敵の人」というモンスターを生み出してしまうのかもしれません。

現代の闇と病理に向き合う問題作を完全漫画化

今回は、そんな現代社会の裏側に潜む家族の闇と病理を抉る賛否両論の問題作『「子どもを殺してください」という親たち』(原作:押川剛、作画:鈴木マサカズ/新潮社)を紹介します。

原作者は、精神障害者移送サービスを展開するトキワ精神保健事務所の所長・押川剛氏。2015年に出版された同タイトルの自著を、鬼才・鈴木マサカズ氏が完全漫画化したものとなります。そんな本作は、新潮社の月刊コミックバンチ2017年4月号より連載を開始。最新の第11巻刊行(2022年5月9日)をもって、累計120万部を突破しました。

いっそ子どもが死んでくれたら……そんな親たちの最後の希望の光

日本において、殺人事件摘発件数のうち被疑者と被害者の関係が親族間である割合は全体の55%。家族を被害者とする殺人事件は年々増加しており、全体の約半数を占めています。さまざまな理由で心をむしばまれた子どもに必要なものは、精神科医療とのつながり。しかし、世間体を気にしてかその大半は適切な対応がとられていないとされています。

やがて親兄弟のみならず近隣住民に危害を加えるようになった子どもは、もはや親族ですら手がつけられません。そういった子どもを持つ親からの依頼で対象者を説得し、自らの意思で医療につなげていくのがトキワ精神保険事務所の仕事です。

エリート一家に育ちながらも周囲からの重圧に押しつぶされた息子、社会人になってアルコールにおぼれ次々にトラブルを起こす男、母親を奴隷扱いしながらゴミ屋敷で暮らす娘……。

トキワ精神保険事務所所長の押川剛とアシスタントの実吉あかねは、親からも見放された彼らと日々向き合っていくことになります。

「親ガチャ」「子ガチャ」に失敗したと片づけるのは簡単だけれど……

はっきり言って、私は「親ガチャ」「子ガチャ」という言葉が大嫌いです。生きづらさを親であったり子どもであったり、だれかに押し付けているようで無責任だとさえ感じるからです。

本作に登場した親子を「親ガチャ」「子ガチャ」に失敗したと片づけるのは簡単でしょう。秋葉原通り魔事件(2008年)や東海道新幹線車内殺傷事件(2018年)のように、社会的に失うものを持たないがゆえに凶悪犯罪に走る“無敵の人”と化してしまった恐ろしい事例、親が引きこもりの子を殺害した元農水事務次官長男殺害事件(2019年)のような悲しい結末を迎えた事例は、いずれも歪な親子関係が起因した事件として有名です。

それを思えば、トキワ精神保険事務所に頼った親たちは、子への最後の慈悲があるだけ少し希望があるように思えました。

社会問題を考えるきっかけになる作品

本作は、押川氏の経験を基にしたノンフィクションと銘打っているだけあり、どの親子の事例も生々しくリアル。なんと、すべてモデルが存在するとのことです。残酷な描写も多いですし、正直に言って最初から最後までハードで救いはありません。ページを進める手が重くしんどく、陰鬱になります。漫画を読んでいてこんな気持ちになったことはありません。

冒頭でも述べたように、本作への評価は賛否両論。精神疾患者や引きこもりへの差別や偏見を助長するという意見も少なくはありませんが、現代社会の闇に向き合い実際に取り組む姿勢は評価すべきでしょう。

私としては、最初から子どもを殺したい親なんていないと信じています。しかし、作中に登場する親子のようにどうにもならなくなる未来だってないとは限りません。日本を蝕む社会問題、そして今一度親子関係を見直すきっかけとして、目をそらさずに読んでほしい作品です。

『「子どもを殺してください」という親たち』も店舗向け漫画リース「スマートコミック」でレンタル可能!

店舗向けコミックレンタルサービス「スマートコミック」は、漫画コーナーを作りたいお店様へコミックの貸出・リースを行っています。

すべて料金内で付いてくる! 「スマートコミック」のうれしいポイント

①コミック定期入れ替え
定期的にコミックを一部入れ替えることができるので、飽きのこない漫画コーナーになります。

②連載中の新刊自動納品
レンタル中の漫画の続巻が出た場合、自動で納品します。鮮度の高い漫画コーナーが実現!

③盗難・破損による補償制度
盗難による欠本や破損があっても、補充・交換できる補償制度を設けています。

④本棚を彩る集客ツール
POPと陳列スタンドをお付けします。手軽に見栄えいい本棚を作ることができます。 漫画棚もご希望のお客様には無料でレンタルします。

⑤コミックすべてにカバー加工
ブックカバー加工を施してあるので、清潔に保てます。

⑥法的リスクゼロ
お店に漫画コーナーを設置するには著作権が絡んできます。お届けするコミックはすべて使用許諾を得たものだけです。

「スマートコミック」なら初月無料、月額レンタルなので安く簡単に始めることができます。弊社はどこよりもお得な料金プランもご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

お得な情報配信中!
最新情報やおすすめの記事をお届け!
ニュースレターにぜひご登録ください
必須
必須
必須
必須
※ご入力いただいた情報は弊社プライバシーポリシーに同意いただいたものとします




スマートコミック
スタッフブログ
コミックレンタル
おすすめ4つのサービス
電子マンガ・雑誌
電子書籍付きタブレット
読み放題で友だちを増やそう
雑誌自動配送サービス
ハルトピ